品質重視!オーディオ家電選び方のコツ

最近の家電商品、主にオーディオ商品について!

品質重視!オーディオ家電選び方のコツ
最近の家電商品は様々な機能がついています。例えば最近発売された世界初のiVDR搭載BDレコーダーである「アイヴィブルー」。これはiVDRスロットを搭載したブルーレイレコーダーで、カセットHDDの連携使用が可能になった商品です。ほかにも、自然なボーカルと奥行感を追求した「HeavenV」など、高額であるが、すごい機能がついているオーディオ商品もある。実用化されていない機能もまだまだあるので、これからの開発に期待ですね。

オーディオ商品で例えてみると、昔のヘッドホンは枝付きでしたから手で支える形て電話交換手のために作られた。1937年にはダイナミック型ヘッドホンが登場しコードもしっかりとしてきたものになった。1959年には日本のスタックスが世界初のエレクトロスタティック型ヘッドフォンが登場した。2001年にイヤホンが流行り白いコードがポケットから出ている姿を見かけるようになった。

イヤホンとヘッドホンの大きな違いの一つに持ち運びにあります。イヤホンは本体が小さくコードも細いのでポケットに入る一方、ヘッドホンは本体が大きくコードも太いのでバッグに入れたりしないと持ち運べません。しかし、家で聴く分にはヘッドホンの方が音質が良かったり、周りの音が入りづらく漏れにくいといったメリットもあります。音ゲーをしている人はイヤホン、ヘッドホン様々ですが、それぞれメリット、デメリットがあったのですね。自分はヘッドホンを使っていますが、イヤホンも動きやすくて良さそうですね。

【参考】